熊谷朝臣の備忘録

自分のための備忘録です。時に告知板だったり、時に(誰も聞いてくれなかった)自慢話したりします。

英文(日本語)の書き方について

卒論・修論のシーズンです。で、学生さんの書いた文章の手直し仕事追われているわけですが、学生さんたちに是非読んでおいてもらいたい文章思い出しました。2013年に書いた文章です。以下、

Tomo'omi Kumagai - Journal_September 2013

からの転載です。

-----------------------------------------------------------------

 そうそう、実は、今、僕が共著に入ってる投稿前の論文が6本もある。まだまだ増える様相で、ある種バブルな感じ。いや、共同研究者のみなさんの努力が次々と実を結んでいるようで敬意を表する次第ですが、単純に僕も嬉しいのです。

 しかし、この現在も増殖中の投稿前論文、投稿前論文と言うからには、これからまだまだ読み込んで、コメントして、議論して、書き直してもらって、チェックして・・・というプロセスが待ち構えてるわけです。もちろん、仲間には、もう経験豊かな研究者もいますが(こんな人たちには、何にも言うことないです)、まだまだ経験が必要なビギナーもいます。ビギナーは、しょうがないです、一杯一杯チェック攻撃・書き直し要求攻撃を受けてもらうことになります。

 そこで、ビギナーに感じたこと、もちろん、たいていの場合、英語が砕け散ってるのですが(そりゃ、しょうがない、だって経験量が絶対的に不足しているのだから)、英語以前に論理的な文章の書き方のトレーニングが出来ていないようです。もっと言うなら、英語以前に日本語が出来ていないのでしょう。

 ビギナー(を自認する方、ん、そうすると僕もか?)のみなさん、ここでアドバイスです。たとえ英語で論文を書くのであっても、まず、日本語で丁寧な文章を組み上げて下さい。僕たちの母国語は、あくまで日本語で、いきなり英語で、深い思考に基づく論理的文章を書くことは不可能だと思うべきです。まず、母国語を使って論理的文章を作り、その後、適切な英語表現を選んで”はめていく”のが最善の道です。

 今、”はめていく”と言いましたが、受験の時、「英作文(えいさくぶん)は英借文(えいしゃくぶん)」って聞いたことありませんか。英語ネイティブでない僕らが、自由自在に英文を書こうというのは、どだい無理な話なのだと知るべきです。僕らにできるのは(英語論文を書く場合)、普段から一杯一杯(英語ネイティブの書いた)論文を読んでおいて、英文文例のストックを豊富に持っておいて、必要に応じてそのストックから”英文を借りることくらいでしょう。そして、経験を重ねるにつれて、わざわざ”ストック”を参照するまでもなく英文が書けるようになります。・・・正直言いましょう。僕が、”ストック”をあまり参照せずに論文を書けるようになった(あと、日本語で前もって文章を作らず論文を書けるようになった)のは、ここ2、3年のことです。僕はどちらかと言うと、鈍臭い部類に入るので、できるようになるまで長くかかった方だと思いますが、”ある程度書けるようになる”まで結構苦労した(してる)んですよ。

 自分が書いた英文が適切かどうか調べる方法はその英文を虚心坦懐に(自分じゃない他人が書いたものとして)和訳することです。ダメな英文は訳せないはずです。もしくは、何を言ってるのか分からないんじゃないでしょうか。日本語で何言ってるのか分からないものが、英文で正しいわけないですよね。

 よく、こんな例え話します。小さい子は、よく、自分の顔だけを隠して隠れたつもりになります。ウチの子なんか、小さい頃、よく、自分の目だけ隠して「どーこだぁ?」ってやってました。あ、障子の向こう側に顔だけ隠して「どーこだぁ?」ってのもありました。要するに自分から見えないものは相手からも見えないって錯覚です。でも、これは、大人にだって当てはまるのです。「自分が分からないものは、みんな分からないんじゃないか。」と思う傾向はありませんか?自分で書いたわけわからん英語は、自分でも分かってないから、他人の理解も、こんなもんだと思って、適当な英文書いてませんか?

 根本的解決としては、日本語で良いから、いや、日本語でなきゃできない、が正しいですよね(深い思考は、僕たちには、日本語でやるしかないのだから)、日本語の論理的文章を書くトレーニングをしっかり積むことです。そこで、僕はよく、この本をお奨めしてます。

「日本語の作文技術」(本多勝一著、朝日文庫

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%96%87%E6%8A%80%E8%A1%93-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9C%AC%E5%A4%9A-%E5%8B%9D%E4%B8%80-ebook/dp/B01MYXH4J1

です。本多さんと言えば、大変著名なジャーナリストですが、その文章作成技術・理論はとても科学的です。実は、僕自身は、この本を読んだのは、多分浪人生の頃、友達に奨められて(受験国語対策)だったと思うのですが、この本が科学・学術論文書きにも、もの凄く役に立つということに気付いたのは、割と最近のことです。で、人に奨めることが増えたので最近買い直しました(さすがに、手元に無いと、適切なお奨めはできません)。

 すぐに論文の数が必要な世知辛い世の中になってきました。が、こんなところ(日本語の書き方)に立ち返ってみるのは、長い目で見ると、かえって近道になるような気がします。・・・ビギナー向け論文の書き方、気が付いたらまた、書き足してみようと思います。

ファーカー先生!!

今年の京都賞

www.kyotoprize.org

では、基礎科学部門で、あのファーカー(Graham Farquhar)先生が受賞されました。で、まあ、縁あって授賞式と晩餐会に出席してきました。

 しかし、よく考えると、今回の受賞理由ともなった、あの光合成生物化学モデル(ファーカー・モデル)、僕らの分野の仕事をどれだけ作り出したのだろう?

 ホントにファーカー・モデルの出現が無かったら、僕らの分野、いやいや、僕の業績はどんなことになっていたことか、はは。

 なんにしろファーカー先生、やはり、僕らにとってのスーパースターと言うか、神と言うか、ですから、もちろん一緒に写真に入っていただきました(自慢)。

f:id:kuma_biogeo:20171110215407j:plain

一緒に国立環境研の伊藤昭彦さん、京大の伊勢武史さんもいらっしゃいます。お二方も我が国の誇るスーパースターですね。っちゅうか、この写真、伊勢さんの強いプッシュが無ければ実現しませんでした(実は、僕は、なんか恥ずかしくて、頼めなかったのです)。伊勢さんに大感謝な次第なのです。

 

近況報告・・・か?

 随分と長いこと更新してませんでした。これからは真面目に更新します。いや、公的職業研究者として、こういう風に情報発信するのは、結構義務だと感じてるのですよ。ホントです。

 で、まず、先日、DelさんDelphis Levia教授@デラウェア大学)が、東大に訪問してくれました。で、学生のSeanがゼミ発表してくれたのでした。

f:id:kuma_biogeo:20171020163324j:plain

大体片付けの終わった旧教授室での記念撮影です。森林総研の清水さんも一緒ですね。

 ゼミ後、研究室挙げての飲み会です。25年ぶりの車屋でした。

f:id:kuma_biogeo:20171020201922j:plain

飲みの後、雨が降ってたんですが、お互い黄色いコートを着てることに気付いて、記念撮影。イエロー・コート・プロフェッサーズだそうです。

 で、もう一個。

 東大農学部のホームページ

www.a.u-tokyo.ac.jp

で、僕のグループの研究成果が紹介されてます:

1.熱帯林破壊が雨を減らす

これは、まさに僕のグループの成果で、発案からドラフトを書き上げるところまで僕が主体で行った研究なんで、こんな風に世に出てくるのは感慨深いものがあります。

 ほいで、こちら:

2.大規模野外操作実験により熱帯雨林の巨大高木の乾燥ストレス応答を解明

森林総研の井上さん、憲蔵さん、高知大の市栄さんの研究ですが、便乗させてもらいました。実に、立派な成果で、仲間に入れてもらえて、嬉しいです。同じ実験で、僕のグループが主体となって行った研究もあるんですが、ウチの方が後発になってしまいました。頑張らねば、と思います。

 まだ、報告せねば、というものが幾つかありますが、また、後程です。

なかなか甘くないな・・・

Nate McDowellが主著で、共著者の一人として(と言っても、共著者は総勢35名)参加しているレビュー論文(New PhytologistTansley Reviewとして投稿したのだから、そりゃ難しいのは確かだけれど)「熱帯樹木の気候変動/乾燥化による枯死」が”再投稿を促されたリジェクト”という結果になった。

 興味深いのは、さすがNew Phytologistの査読者の意見だけあって、コメントは全て、なかなか素晴らしいものであったのだけれど、結果が多様であったことだ。

 査読者1、2は、マイナーリビジョン、特に1は、絶賛、と言っても良いだろう。

 査読者3は、メイジャーリビジョン、まあ、よくある厳しさの結果か。

 そして、査読者4が、「重要な題材を丁寧なレビューで深く掘り下げている、と思って読み進め、確かに、良く書けているが、思ったほど秀作ではない。っちゅうか、こりゃ期待外れだ。がっかりしたがな(Dissapointed)。」で、即リジェクト。期待した分、揺り返しが大きかったのか?

 もう一回言うけど、全てのコメントは的確で、全く、その通り、って感じで、素晴らしいものだった。でも、各査読者の結論は、こんなにもバラついたのだ。

 すごいのは、担当編集者が、これらの多様な意見を、実に見事に集約したことだ。上で言ったように編集者の下した結果は”再投稿を促されたリジェクト”なんだけれど、そこに至るまでの説明が秀逸だった。

 で、今回、思ったこと、一番勉強になったことは、

僕に、こんなにうまく意見を集約することができるだろうか?こんな風に、多様な情報を統合することができるだろうか?・・・道は遠い。

かな。こういう”モデル”を見ることができた、ということの収穫は大きい、と思うんだ。

マクロン大統領、やる気だ・・・。

ウチのフランス人留学生(ジュリー)に、先日のフランス大統領選についての話題ふったら、随分とエキサイト。負けた対立候補のこと、あんな奴、認める人間はフランスには一人もいない、とのこと。

 で、新大統領のマクロンさんのこと話してたら、面白い動画紹介してくれた。

www.youtube.com

 要するに、アメリカ人気候変動研究者に対して、

アンタんところの、気候変動信じてない馬鹿大統領のせいで、随分と研究費削られて大変でしょう。気候変動は疑いの余地無しだ。みなさん(=アメリカの研究者)、是非、フランスにいらっしゃい。フランスでは、気候変動の研究のための予算を確保している。いらっしゃい、フランスへ!!

てな感じ、かな。

 すごいよ、マクロンさん、やる気だよ。

創生プロのご報告

大事なことをご報告するのを忘れてました。

 去る3月9日に品川・コクヨホールで気候変動リスク情報創生プログラムの最終成果報告会が行われました。そこで、多くの仲間たちに支えられて実行できました僕のグループの課題

北東ユーラシア・東南アジア熱帯における気候・生態系相互作用の解明と気候変動に対する生態系影響評価

の最終成果報告をやりました。事務局の方から「格好良い写真ができました。どうぞホームページ等でお使いください。」との言葉とともに写真が送られてきましたので、仰せの通り載っけさせていただきます

f:id:kuma_biogeo:20170412164237j:plain

ああ、何か格好良いじゃない、などと我ながら思ってしまいますが、実は、発表で大失態やらかしました。が、これも人生の糧になると、信じることにしました

f:id:kuma_biogeo:20170412164059j:plain

ありゃ、神沢先生が写ってるじゃないですか。

 まあ、あまりうまくいかなかった発表だし、最終成果としても、正直なところ満足いくものでも無かったのは事実です。やってる最中は、「この課題、始めちゃったのは失敗だったかなぁ。」などと何度となく思ったのも事実です。

 が、終わってみて、冷静になってみると、「やって良かった。」という気持ちの方がはるかに強くなってきました。このプロジェクトを始めなければ、いつまでたっても広域研究を具体的に実行することは、なかなか無かったと思うし、とにかく、佐藤永さんと密に一緒に仕事できたこと、SEIB-DGVMに出会えたこと(そもそも、その創始者である佐藤さんと一緒に仕事ができた!)は、これこそ、これからの研究者人生の貴重な糧になったと思うのです。

 思い起こすと、本当に多くの方々に(陰に陽に)支えられて行った課題です。この場を借りて、厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 そして、この課題でやり残したことは、必ず成し遂げる所存です。これからもよろしくお願いいたします。

 

お知らせです。

僕の研究が新聞:東京新聞3月27日朝刊で紹介されました。

 記者さんに立派な文章を書いていただいて感謝です。ここで記事を見れるようにしておきます。宜しかったらご覧ください。

http://tomo-kumagai.eco.coocan.jp/Tokyo_170320.pdf

 あ、申し遅れました。所属が変わりました。新しい所属は、

東京大学大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻

森林理水及び砂防工学教室

となります。

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。