読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊谷朝臣の備忘録

自分のための備忘録です。時に告知板だったり、時に(誰も聞いてくれなかった)自慢話したりします。

AsiaFlux Workshop@Philippines行ってきました

タイトルの通り、AsiaFluxで招待講演の依頼を受けまして、喋ってきました、フィリピンで。もう帰国して2週間も経ってるんですけど、要するに、自慢したいわけです。で、何が自慢かと言うと、

f:id:kuma_biogeo:20140905182819j:plain

 閉会式で、招待講演者に記念品贈呈があったんですが(僕は、草履・短パン・”Duke”Tシャツ「ふざけてんのか貴様」3点セットですね)、僕の右隣は、あのDennis Baldocchi先生(カリフォルニアバークレー校)、僕の一人おいて左隣は、これまたあのXuhui Lee先生(エール大学)なのですよ。

 僕が学生の頃から散々論文を読み込んできた、と言うか、僕の研究の方向性を決めるのにかなり影響した、あの大先生方ですよ。もう、興奮そして自慢しかないでしょ。はっきり言って、フィリピンには、この先生方に会いに行ったようなものです。お二方とも一杯話しできたし、っちゅうか、すごく僕の研究を褒めてくれたんで、もう、「いつ死んでもよい」ってなもんですよ。

 あ、ウソです、まだ死にたくありません。でも、むちゃくちゃ嬉しかったんで、もう、このフィリピン行、大満足です。呼んでいただいたAsiaFlux関係者の皆様、特に、三枝さん、ものすごく感謝しています。ありがとうございました。

 しかし、Dennis先生、すごーく優しい人です。大人(たいじん)とは、こういう人のこと言うんだろうなぁと思いました。Gabyに似てると思いました、雰囲気だけでなく、””も。面白いことに、こういう傑物は同じような”形”に収斂していくのでしょうね。そうそう、Dennis先生との会話の中で、一つ心に残ったこと、

どんなに忙しくても、自分の研究能力を落とさないための最低限のトレーニングとして、毎年、ファーストオーサーとして最低2本の論文を書くことを自分の義務として課してるんだ。

あれほどの人でも、決して歩みを止めないのですよ。僕ごときは、もっともっと努力せねば、と思いました。