読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊谷朝臣の備忘録

自分のための備忘録です。時に告知板だったり、時に(誰も聞いてくれなかった)自慢話したりします。

Ram Oren先生が来てます

f:id:kuma_biogeo:20150629000722j:plain

 表題の通り、あの世界的植物水分生理学者であるDuke大学のRam Oren先生がウチの研究室に滞在しています。5月中旬に既に来られていて、8月下旬まで滞在の予定です。もう付き合いは長いのですが、もともと僕がほんの学生の頃からの憧れの方ですし、今回のRam先生の滞在は、ホントに興奮なのです。

 写真は大学でやったBBQでのひとコマなんですが、たしか、どこで調べてきたんだか、織田から豊臣、そして徳川に至るまでの権力の移行過程についての質問を受けて、超丁寧に説明しているところです(実は、僕は歴男)。

 Ram先生の滞在中、色んな出来事が既に起きてます。これからも一杯、起きるでしょう。せっかくの機会なので、できるだけ丁寧に報告しようと思ってます。

 あ、忘れないうちに。Ram先生のFACE実験に関する講演の中で、ニーチェの言葉が引用されてました。

Conviction is the greater enemy of truth than lie.

訳すならば、「信念は、嘘よりも危険な真実の敵である。」ですかね。要するに、「思い込みほど真実に至るための障害になるものはない。真実にたどり着きたければ、柔軟に旧来の考えを捨てなさい。」ってことでしょうか。FACE実験初期に出てきた結果で全てを判断するのは性急だ、ということが言いたくて出てきた言葉ですが、科学者にとって常に胸にしとかなければならない言葉だなぁと思った次第なのです。

 あと、発表の中で、こんな風に哲学的表現を使うのってセンス良いなぁ、マネしよう、と思ったのでした。